映画監督 崔洋一さん講演会

昨年11月に引き続き、崔洋一監督をお招きして講演会を開催いたします。

・・・・・・・・・・・せんだい映画村緊急講座・・・・・・・・・・・・・

6/3(土)せんだいメディアテーク・スタジオシアター

◆第1部 10:00 上映作品「月はどっちにでている」

月はどっちにでている

1993年/95分/監督・脚本:崔洋一、脚本:鄭義信、原作:梁石日『タクシー狂操曲』、製作:李鳳宇、青木勝彦、出演:岸谷五朗、ルビー・モレノ、絵沢萌子、小木茂光、遠藤憲一、國村隼、萩原聖人、内藤陳ほか

多国籍都市・東京。在日コリアンのタクシードライバー忠男は、朝鮮学校の同級生だった社長や、風変わりな同僚達といい加減な毎日を送っている。母の経営するフィリピン・パブのホステス送迎を日課にしている彼はある日、新顔のコニーに出会う。妙な大阪弁で生意気な口をきくコニーに、なぜか魅かれた忠男は、留守の間に彼女の部屋に引っ越してしまう。おかしくて、切ないふたりの恋は、果たしてどんな結末を迎えるのか…。1993年度キネマ旬報ベストテン第一位ほか受賞多数。90年代を代表する日本映画史に残る名作。

◆上映終了後 11:50 講演「映画は誰のものか2」 

日本映画監督協会理事長 崔 洋一 監督

崔洋一監督写真

◆第2部 13:15 鈴木清順☓荒戸源次郎追悼上映会

上映作品「ツィゴイネルワイゼン」

ツィゴイネルワイゼン

時間と空間、現実と幻想の間を映像が彷徨う 1980年度キネマ旬報ベストテン第一位

1980年/145分/製作:荒戸源次郎、監督:鈴木清順、脚本:田中陽造、

美術:木村威夫、撮影:永塚一栄、音楽:河内紀、

出演:原田芳雄、大楠道代、大谷直子、藤田敏八

◆上映終了後、崔 洋一監督シネマトーク 「清順さんのこと、荒戸さんのこと」

料金:1部につき1,300円 1部・2部通し券2,000円 映画村会員通し券1,800円
(チケット) ・メディアテーク1Fショップ「KANEIRI Museum Shop 6」
・「桜井薬局セントラルホール」にて発売しています。
*電話予約も受け付けます。(070‐5323‐1939)

主催・問い合せ:せんだい映画村 070‐5326‐1974

ロシア映画を研究する会キノエクラン11月例会

11/1(日)14:00~ 仙台国際センター・1階研修室で開催します。

セルゲイ・ポドロフ監督作品「自由はパラダイス」上映会

1989年/ソ連/75分/監督・脚本:セルゲイ・ポドロフ、撮影:ユーリー・スヒルトラーゼ、美術:ワレーリー・コストリン、音楽:アレクサンドル・ラスカトフ、出演:ボロージャ・コズィリョフ、スベトラーナ・ガイタン、アレクサンドル・ブレーエフ

1989年モントリオール国際映画祭グランプリ、1990年ベルリン国際映画祭ヤング・フォーラム賞受賞作。カザフ共和国のある少年院。ここに監禁されているサーシャは13歳。父親がアルハンゲリスクの収容所で生きていることを知り、脱走し父のいる極北の地を目指すが・・・。

参加費:500円(資料代含む)

主催:日本ユーラシア協会宮城県連合会

共催:右岸の羊座 *詳細問い合わせ下さい。 070-5326-1974 大越

映画「無法松の一生」記者会見開催!

本日、映画「無法松の一生」切り裂かれた十八分完全復元パフォーマンス仙台公演の記者会見を開催いたします。4/17(金)13:30~ 仙台市市民活動サポートセンター・研修室5を会場に、白井佳夫さん、白井真木さんが来仙し会見を行います。市民も参加可能の記者会見です。入場無料、ぜひともご参加下さい。

本日、右岸の羊座はお休みさせて頂きます。

映画「無法松の一生」切り裂かれた十八分仙台公演実行委員会開催

第6回実行委員会を開催いたします。5/23(土)映画『無法松の一生』切り裂かれた十八分完全復元パフォーマンス仙台公演、本番の準備のため、定期的に実行委員会の打ち合わせを行っています。現在、このパフォーマンス公演を応援頂ける方々から、推薦人の承諾を頂いております。(2015.3.7現在82名、現在も募集しております。問い合わせ下さい。)市民が応援し共感できる公演に発展させて行こうと実行委員会一同力を合わせ準備を行っております。

今回第6回実行委員会は、先月東京で演出の白井佳夫さんと打ち合わせをしてきましたので、そのご報告です。

3/7(土)18:00~ 会場:右岸の羊座(仙台市若林区南小泉4-1-11)

ご興味のある方、ぜひともご参加下さい。(直接会場にお越しください) 参加費:無料

問合せ:映画「無法松の一生」切り裂かれた十八分仙台公演実行委員会 070-5326-1974

亀井文夫 全作品上映会その3

連続企画「亀井文夫全作品上映会3」開催のお知らせです。

4月13日(日)午前11時と午後2時の2回、2本立てでご覧いただきます。皆さまお誘いあわせのうえご参加ください。

会場:荒町養賢堂(仙台市若林区荒町130)

http://www.889100-search.com/detail/?id=9780&p=4&pref_id%5B%5D=4 (養賢堂の場所はこちら)

■生きていてよかった(1956年・52分)

1955年8月6日、第一回原水爆禁止大会で被爆者救援運動の一つとして企画されたこの映画は、亀井文夫が原水爆反対のために撮った最初の作品である。広島・長崎の原爆投下直後の無残な街から、被災者たちの10年後の悲しい日々の生活を紹介し、悲しみと不幸の中から力強く生きる人びとを詩情豊かに描いた、厳粛な美しさに感動せまる記録映画である。この映画はこの年のブルーリボン賞を獲得。原爆被害の実態を初めて日本人の目に公開した映像である。ブルーリボン賞、キネマ旬報ベストテン入賞作。

■鳩ははばたく(1958年・40分)

第四回原水爆禁止世界大会の記録であるが、この年は第一回の平和行進の始まった年でもある。初めは団長一人が広島を出発した行進であったが、各地で参加者は増え、僧侶、学生、主婦ら延べ100万人に達した。行進は53日目、2000人の拍手に迎えられ東京日比谷公園の歓迎会に臨んだ。8月20日原水爆禁止国際会議で核武装禁止の平和宣言が採択された。

参加費1000円

後援:(公財)仙台市市民文化事業団

主催・問い合せ 右岸の羊座 070-5326-1974まで