上映会 脚本家 橋本忍の全体像

昨年10月から準備を進めておりました、脚本家 橋本忍特集上映がついに実現する運びとなりました。今月25日~27日の3日間、東京エレクトロンホール宮城とせんだいメディアテークを会場に、主要7作品上映と各日ゲストを迎えトークイベントも開催いたします。橋本忍さんは本年4月18日に100歳の誕生日を迎えられましたが、その後7月19日肺炎のため永眠いたしました。当初、生誕100年祭として考えておりました企画も、追悼特集として改に内容の充実に努めました。ぜひこの機会をお見逃しのないよう、ご来場頂ければ幸いです。 

                             せんだい映画村

プログラム

【1日目】 10月25日(木)会場:東京エレクトロンホール宮城401中会議室

・11:00~13:25 「砂の器」

1974年、143分、松竹、監督:野村芳太郎、製作・脚本:橋本忍、脚本:
山田洋次、音楽:芥川也寸志、撮影:川又昴、出演:加藤剛、緒形拳、
丹波哲郎、加藤嘉

・14:00~15:00   1日目 ゲストスピーカー:佐藤文博さん

1975年宮城県生まれ。小学生のころから映画に親しむ。図書館情報大学(現・筑波大学)卒業後、市立大学で情報科学の講師を務めつつミニシアター通いの日々を過ごす。東京国立近代フィルムセンター、映画会社、公共図書館、学校図書館を経て、現在は仙台市若林図書館(指定管理者株式会社ヴィアックス)勤務。興味関心のある分野は初期の映画史と映画館史。

・15:10~18:00 「八甲田山」

1977年、169分、東宝、監督:森谷司郎、製作・脚本:橋本忍、音楽:芥川也寸志、撮影:木村大作、原作:新田次郎、出演:島田正吾、大滝秀治、高倉健

・18:10~19:30 橋本忍秘蔵映像

【2日目】10月26日(金)会場:せんだいメディアテーク7Fスタジオシアター

・11:00~13:15 「切腹」

1962年、133分、松竹、監督:小林正樹、原作:滝口康彦、脚本:橋本忍、
音楽:武満徹、撮影:宮島義勇、出演:仲代達矢、石濱朗、丹波哲郎

・14:00~15:30   2日目 ゲストスピーカー:荒井晴彦さん

1947年東京生まれ。1971年より若松プロで助監督・脚本を担当。その後ピンク映画を経て、77年日活ロマンポルノ「新宿乱れ街 いくまで待って」で注目を浴びる。以後「Wの悲劇」を始め執筆多数。毎日映画脚本賞、日本シナリオ作家協会菊島隆三賞、2016年には読売文学賞戯曲・シナリオ賞も受賞する。89年から季刊誌「映画芸術」の編集・発行人も務める。

・15:40~18:10 「八つ墓村」

1977年、151分、松竹、監督:野村芳太郎、脚本:橋本忍、音楽:芥川也寸志
撮影:川又昴、出演:萩原健一、小川真由美、山崎努、渥美清

・18:20~20:30 「真昼の暗黒」

1956年、124分、現代ぷろ、監督:今井正、脚本:橋本忍、音楽:伊福部昭
撮影:中尾駿一郎、出演:草薙幸二郎、左幸子、松山照夫

【3日目】10月27日(土)会場:せんだいメディアテーク7Fスタジオシアター

・11:00~12:31 「私は貝になりたい」

1958年、91分、TBS、監督:岡本愛彦、脚本:橋本忍
出演:フランキー堺、桜むつ子、平山清、高田敏江、坂本武

・13:00~14:30   3日目 ゲストスピーカー:石飛徳樹さん

1960年大阪生まれ。84年朝日新聞社入社。95年から学芸部(現在、文化くらし報道部)所属、現・編集委員。
テレビ、書評、映画などの分野を担当。橋本忍氏とは取材を通し深い交流を持つ。

・14:40~16:40 「わが映画人生 黒澤明編」

日本映画監督協会の貴重な記録映像「わが映画人生」シリーズ中から、
今回は黒澤明監督編を取り上げます。インタビュアーは大島渚監督。関係者ならではの深遠な問答が展開されます。

・16:50~18:20 「羅生門」(橋本忍デビュー作品)

1950年、88分、大映、監督・脚本:黒澤明、脚本:橋本忍、音楽:早坂文雄
撮影:宮川一夫、出演:三船敏郎、森雅之、京マチ子、志村喬

入場料:当日券 1作品につき 1,000円

    前売券 1日フリーパス券 1,800円 3日フリーパス券 4,000円

途中入退場自由にいたします。再入場の際には入場券を提示下さい。

主催・問合せ:せんだい映画村 070-5323-1939

共催:右岸の羊座シネマテーク 070-5326-1974

後援:河北新報社、朝日新聞社東北総局、毎日新聞社仙台支店

協賛:(株)ジェーシード、カフェ・キートス、宮千代加藤内科医院

助成:(公財)仙台市市民文化事業団、日本芸術文化振興基金助成事業

お盆休み

8月12日(日)、13日(月)、14日(火)の3日間お休みを頂きます。

15日(水)から通常営業です。尚、毎週木曜日定休ですが16日(木)は営業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

映画監督 崔洋一さん講演会

昨年11月に引き続き、崔洋一監督をお招きして講演会を開催いたします。

・・・・・・・・・・・せんだい映画村緊急講座・・・・・・・・・・・・・

6/3(土)せんだいメディアテーク・スタジオシアター

◆第1部 10:00 上映作品「月はどっちにでている」

月はどっちにでている

1993年/95分/監督・脚本:崔洋一、脚本:鄭義信、原作:梁石日『タクシー狂操曲』、製作:李鳳宇、青木勝彦、出演:岸谷五朗、ルビー・モレノ、絵沢萌子、小木茂光、遠藤憲一、國村隼、萩原聖人、内藤陳ほか

多国籍都市・東京。在日コリアンのタクシードライバー忠男は、朝鮮学校の同級生だった社長や、風変わりな同僚達といい加減な毎日を送っている。母の経営するフィリピン・パブのホステス送迎を日課にしている彼はある日、新顔のコニーに出会う。妙な大阪弁で生意気な口をきくコニーに、なぜか魅かれた忠男は、留守の間に彼女の部屋に引っ越してしまう。おかしくて、切ないふたりの恋は、果たしてどんな結末を迎えるのか…。1993年度キネマ旬報ベストテン第一位ほか受賞多数。90年代を代表する日本映画史に残る名作。

◆上映終了後 11:50 講演「映画は誰のものか2」 

日本映画監督協会理事長 崔 洋一 監督

崔洋一監督写真

◆第2部 13:15 鈴木清順☓荒戸源次郎追悼上映会

上映作品「ツィゴイネルワイゼン」

ツィゴイネルワイゼン

時間と空間、現実と幻想の間を映像が彷徨う 1980年度キネマ旬報ベストテン第一位

1980年/145分/製作:荒戸源次郎、監督:鈴木清順、脚本:田中陽造、

美術:木村威夫、撮影:永塚一栄、音楽:河内紀、

出演:原田芳雄、大楠道代、大谷直子、藤田敏八

◆上映終了後、崔 洋一監督シネマトーク 「清順さんのこと、荒戸さんのこと」

料金:1部につき1,300円 1部・2部通し券2,000円 映画村会員通し券1,800円
(チケット) ・メディアテーク1Fショップ「KANEIRI Museum Shop 6」
・「桜井薬局セントラルホール」にて発売しています。
*電話予約も受け付けます。(070‐5323‐1939)

主催・問い合せ:せんだい映画村 070‐5326‐1974

ロシア映画を研究する会キノエクラン11月例会

11/1(日)14:00~ 仙台国際センター・1階研修室で開催します。

セルゲイ・ポドロフ監督作品「自由はパラダイス」上映会

1989年/ソ連/75分/監督・脚本:セルゲイ・ポドロフ、撮影:ユーリー・スヒルトラーゼ、美術:ワレーリー・コストリン、音楽:アレクサンドル・ラスカトフ、出演:ボロージャ・コズィリョフ、スベトラーナ・ガイタン、アレクサンドル・ブレーエフ

1989年モントリオール国際映画祭グランプリ、1990年ベルリン国際映画祭ヤング・フォーラム賞受賞作。カザフ共和国のある少年院。ここに監禁されているサーシャは13歳。父親がアルハンゲリスクの収容所で生きていることを知り、脱走し父のいる極北の地を目指すが・・・。

参加費:500円(資料代含む)

主催:日本ユーラシア協会宮城県連合会

共催:右岸の羊座 *詳細問い合わせ下さい。 070-5326-1974 大越

映画「無法松の一生」記者会見開催!

本日、映画「無法松の一生」切り裂かれた十八分完全復元パフォーマンス仙台公演の記者会見を開催いたします。4/17(金)13:30~ 仙台市市民活動サポートセンター・研修室5を会場に、白井佳夫さん、白井真木さんが来仙し会見を行います。市民も参加可能の記者会見です。入場無料、ぜひともご参加下さい。

本日、右岸の羊座はお休みさせて頂きます。

映画「無法松の一生」切り裂かれた十八分仙台公演実行委員会開催

第6回実行委員会を開催いたします。5/23(土)映画『無法松の一生』切り裂かれた十八分完全復元パフォーマンス仙台公演、本番の準備のため、定期的に実行委員会の打ち合わせを行っています。現在、このパフォーマンス公演を応援頂ける方々から、推薦人の承諾を頂いております。(2015.3.7現在82名、現在も募集しております。問い合わせ下さい。)市民が応援し共感できる公演に発展させて行こうと実行委員会一同力を合わせ準備を行っております。

今回第6回実行委員会は、先月東京で演出の白井佳夫さんと打ち合わせをしてきましたので、そのご報告です。

3/7(土)18:00~ 会場:右岸の羊座(仙台市若林区南小泉4-1-11)

ご興味のある方、ぜひともご参加下さい。(直接会場にお越しください) 参加費:無料

問合せ:映画「無法松の一生」切り裂かれた十八分仙台公演実行委員会 070-5326-1974