デビュー作祭 第三弾

◆2月26日(日)10:00~ 南小泉町内会館

熊井啓監督のデビュー作「帝銀事件死刑囚」(1964年・108分・日活)上映会

逮捕から死までの39年間を獄中で過ごし長年宮城刑務所に収監されていた

画家・平沢貞通を描いた社会派ドラマ

帝銀事件死刑囚

監督・脚本:熊井啓 音楽:伊福部昭 撮影:岩佐一泉

出演者:信欣三 内藤武敏 井上昭文 他

社会派の名匠・熊井啓監督のデビュー作。1948年帝国銀行で大量毒殺事件が発生。テンペラ画家・平沢貞通が逮捕され死刑が確定するが、謎の「名刺の男」、731部隊、GHQの介入などさまざまな動きが背後で交錯し、事件は迷走、戦後最大の謎といわれる事件に切り込んだ力作。

上映後には、宮城県図書館「音と映像のフロア」所蔵の「古城六角塔」(現 宮城刑務所)の資料映像15分を上映いたします。

入場料:500円(直接会場へお越しください)

主催・問い合せ:右岸の羊座シネマテーク 070-5326-1974

共催:せんだい映画村

デビュー作祭 第二弾

◆12月11日(日)13:00~ 仙台市市民活動サポートセンター

浦山桐郎監督デビュー作 「キューポラのある街」(1962年・100分・日活)上映会

「キューポラのある街」の画像検索結果

脚本:今村昌平、撮影:姫田真佐久、音楽:黛敏郎

出演:吉永小百合、浜田光夫、東野英治郎、小沢昭一、加藤武、殿山泰司、北林谷栄

キネマ旬報ベストテン第二位ほか受賞多数

鋳物の街、埼玉県川口市。そこに住む鋳物職人の娘ジュン(吉永)が、父の解雇に始まり、貧困、進学、組合、差別などさまざまな社会問題に直面する。しかし決してめげることなく、まっすぐに青春を堪能していく姿を感動的に描いた、社会派青春映画の名作である。 上映後トークあり

入場料:500円 主催・問い合せ:せんだい映画村 070-5326-1974

映画「東京物語」上映会

「東京物語」の画像検索結果

12/2(金)9:30開場 仙台市市民活動サポートセンター

10:00 寺本成彦さん講演
10:50  1回目 東京物語上映
14:00  2回目 東京物語上映
16:30 寺本成彦さん講演

136分/松竹/監督・脚本:小津安二郎、脚本:野田高梧、出演:笠智衆、東山千栄子、原節子、杉村春子、山村聡、三宅邦子、香川京子、東野英治郎、中村伸郎

日本映画を代表する傑作の1本。巨匠・小津安二郎監督が、戦後変わりつつある家族の関係をテーマに人間の生と死をも見つめたドラマ。故郷の尾道から20年ぶりに東京へ出てきた老夫婦。成人した子どもたちの家を訪ねるが、みなそれぞれの生活に精一杯だった。唯一、戦死した次男の未亡人・紀子だけが皮肉にも優しい心遣いを示すのだった…。いまでは失われつつある思いやりや慎ましさといった“日本のこころ”とでもいうべきものを原節子演じる紀子が体現している。東山千栄子演じる老母が亡くなり家でひとり侘しくたたずむ笠智衆演じる老父を捉えたショットは、映画史上に残る名ラスト・シーンのひとつ。

講演 東北大学国際文化研究科教授 寺本成彦さん

「昌二のことは忘れて、いつでもお嫁に行っておくれ…」
-小津映画の不在の中心としての“次男”について-

寺本成彦 専門は映画、フランス文学。論文に『モーパッサン「野あそび」からジャン・ルノワール「ピクニック」への道程』、『寺山修司におけるロートレアモン-書物からスクリーンへ、スクリーンから街へ-』など。仙台アリアンス・フランセーズでシネクラブを共同主宰。

前売券 1000円 当日券 1300円 映画村会員700円

主催・問い合せ せんだい映画村 070‐5326‐1974

映画監督 崔洋一さん来仙します。

せんだい映画村2周年を記念して、この度「時代が求め時代に挑み続けた精鋭 デビュー作祭り」を企画しました。60年代、70年代の日本映画を牽引した映画監督10人(中平康、増村保造、今村昌平、大島渚、篠田正浩、吉田喜重、山田洋次、浦山桐郎、熊井啓、神代辰巳)の原点に触れる上映会で、約半年かけて開催いたします。ぜひとも足をお運び下さい。

「崔洋一監督」の画像検索結果

まずはオープニングイベントとして2日間、現・日本映画監督協会 理事長の映画監督・

崔洋一さんに講演頂きます。

11月10日(木)13:00~ @仙台市市民活動サポートセンター

講演:映画は誰のものか-面白い映画のために現在を斬る! 崔洋一監督

崔監督のデビュー作「十階のモスキート」(1983年・108分・内田裕也脚本・出演)も特別上映いたします。

画像検索結果

11月11日(金)10:30~ @仙台市市民活動サポートセンター

翌日はデビュー作祭り第一弾「映画監督・大島渚」を開催

崔洋一監督講演「映画監督大島渚との出会い」と題して講演して頂きます。

各日 前売券・予約 1000円 当日券1300円 映画村会員800円

問い合せ せんだい映画村 070-5326-1974 大越

 

右岸の羊座シネマテーク

9月22日(祝) 南小泉町内会館(若林区南小泉1-8-28)を会場に2作品の上映会を行います。

10:00から 医療とまちづくりをテーマにした上映会 

羽田澄子監督作品 ドキュメンタリー映画「痴呆性老人の世界」

「映画 痴呆性老人の世界」の画像検索結果 (1986年 、84分、カラ-)

 熊本にある施設で二年間にわたりカメラを回し続け、痴呆性老人の姿をとらえたドキュメンタリー作品。1986年キネマ旬報ベストテンと日本映画ペンクラブ賞ノン・シアトリカル部門でそれぞれ1位を獲得。公開当時大変な話題を呼んだ作品を上映いたします。終了後に感想を語り合う茶話会を開催いたしますので、ご参加下さい。

参加費 500円

12:00から 映画上映と関連郷土史のお話

山本薩夫監督作品 「箱根風雲録」(1952年、137分、モノクロ)

「映画 箱根風雲録」の画像検索結果

 浅草の商人である友野与右衛門は、芦ノ湖の水を潜穴を掘って箱根の西まで引く用水工事を計画した。地元の農民と力を合せ難工事は進むが、江戸の役人たちはこれを妨害し、与右衛門を何度となく捕らえるのだった。開始から三年、ついに工事は完成。芦ノ湖の水が完成した用水を通り、水不足に悩む農地に注がれた。

上映終了後に、江戸時代の治水事業「仙台領の潜り穴」と題した郷土史のお話があります。 仙台郷土研究会 加藤純二さん

参加費500円

平成28年度若林区まちづくり推進課助成事業

主催・問い合せ 右岸の羊座シネマテーク 070-5326-1974大越

せんだい映画村 夏期講座

■■■■■ 映画監督 川島雄三の世界 ■■■■■

  

川島雄三 1918年青森県下北郡田名部町(現在のむつ市)生まれ。明治大学卒業、学生時代は映画研究部に在籍。その後松竹大船撮影所監督部に入社。島津保次郎、吉村公三郎、小津安二郎、野村弘将、木下惠介らの助監督を経て1944年『還って来た男』で監督デビュー。コメディ映画を多く撮っていた。戦後はプログラムピクチャーを量産する。1954年日活へ移籍。『洲崎パラダイス赤信号』『幕末太陽傳』などの傑作を残す。筋萎縮性側索硬化症に冒され、1963年アパートの自室にて急死。享年45歳。独自の喜劇・風俗映画を中心的に、卑俗にしてハイセンスな人間味溢れる数々の作品を発表した。

8月23日(火)10:30から 仙台市市民活動サポートセンター・セミナー室

10:30からドキュメンタリー作品 

「映画監督 川島雄三 サヨナラだけが人生だ」

(構成・演出:保坂延彦、ナビゲーター:藤本義一、語り:若尾文子 75分)

他秘蔵映像を観賞します。

11:45からは同作品を演出した保坂延彦監督のトークあり

参加費: ・映画村会員1000円 ・一般 前売1300円 当日 1500円

主催・問い合せ せんだい映画村 070-5326-1974 大越まで

 

ドキュメンタリー作家の原点を追う 上映会

6月7日(火) 仙台市市民活動サポートセンター 

・10:30~ 「留学生チュアスイリン」(土本典昭監督作品、1965年、51分)

 英領マラヤ(現マレーシア連邦)の国費留学生として来日したチュア・スイ・リイン。母国の未来を憂い、抗議行動を起こしたことで国費留学生の身分を取り消されてしまう。除籍処分を下した大学に対し、復学を求める留学生チュアを支援する学生たちの姿を追う。ライプチッヒ映画祭招待作品。

・11:30~ 映画カメラマン・一之瀬正史さん講演 

一之瀬正史 1977年『わが街わが青春・石川さゆり水俣熱唱』(監督:土本典昭)でデビュー。『ナージャの村』にて日本映画撮影監督協会JSC賞受賞。芸術性の高いカメラワークには定評がある。主な作品は『アレクセイと泉』『ナミイと唄えば』『バオバブの記憶』、2015年公開『アラヤシキの住人たち』他。

・12:30~「戦ふ兵隊」(亀井文夫監督作品、1939年、65分)

 戦闘シーンは少なく、戦い疲れた日本の兵隊と残された中国民衆たちの悲惨さを冷静に描写したこの作品は、軍の怒りを買い、公開禁止。さらに亀井は戦争に批判的な映画人として投獄。戦後もGHQの検閲により許可が下りず、長らく幻の映画とされていた。

 

・13:40~映画監督・青池憲司さん講演

青池憲司 1971年成田空港反対闘争の地で行われたコンサート「三里塚幻野祭」を撮影した『日本幻野祭 三里塚』を発表。阪神大震災後の復興する様子を記録した『記憶のための連作 野田北部・鷹取の人びと』にて日本建築学会文化賞受賞。2012年からは石巻・門脇小をテーマにした『津波のあとの時間割』を製作。現在も撮影を続けている。

入場料:前売り1000円 当日1300円 映画村会員800円

桜井薬局セントラルホールで前売券発売しています。

問い合せ 右岸の羊座シネマテーク 070-5326-1974大越

映画評論家・白井佳夫とともに見る映画会

木下恵介監督作品 島崎藤村原作・池部良主演 映画「破戒」

9/19(土) 11:00と14:00の2回上映

会場:桜井薬局セントラルホール

仙台市青葉区中央2−5−10 桜井薬局ビル 3F 022-263-7868

Ⓒ1948 松竹株式会社

1948年/99分/松竹京都/監督:木下恵介、原作:島崎藤村、脚本:久板栄二郎、音楽:木下忠司、撮影:楠田浩之、編集:相良久、出演:池部良、桂木洋子、滝沢修、宇野重吉ほか

自然主義文学の作家・島崎藤村の小説で、瀬川丑松とお志保の愛の物語。部落差別問題を扱った原作を、木下監督は千曲川を背景にした自然の中で、きわめて叙情的に描く方法に徹し、純粋な恋愛物語として仕立て上げている。

◆2回の上映の間の12:50より白井佳夫講演「木下恵介監督は映画でかく語りき」あり。

(11:00に観賞されたかたは、引き続き講演をお楽しみ下さい。14:00からの映画観賞のかたは、12:50の講演から入場頂けます。)

入場料:前売1000円 当日1300円  主催:青葉の杜の映画祭

山本薩夫監督作品 野間宏原作・木村功主演 映画「真空地帯」

9/20(日) 10:30 1回上映

会場:南小泉町内会館

仙台市若林区南小泉1-8-28 仙台駅バス乗り場⑥から古城三丁目経由霞目行に乗車-南小泉2丁目下車-徒歩1分(セブンイレブン南小泉店裏)

真空地帯

Ⓒ独立プロ名画保存会

1952年/129分/監督:山本薩夫、原作:野間宏、脚本:山形雄策、撮影:前田実、音楽:団伊玖磨、出演:木村功、利根はる恵、三島雅夫、神田隆、加藤嘉、下元勉、西村晃ほか

軍隊内部に蔓延する暴力、いじめ、理不尽な命令などを描いた、野間宏の長編小説の映画化。原作は毎日出版文化賞を受賞。士官の財布を盗んだとして、木谷一等兵は陸軍刑務所に二年間服役。出所後、軍の内務班に復帰、班の内部では初年兵をいじめていた。軍隊生活の非人間性をリアルに描き出した渾身の作品。

◆作品上映後に白井佳夫講演「軍隊映画の傑作から見えてくる日本的な人間性抑圧」と女優・白井真木さんによる朗読あり。

入場料:前売1000円 当日1300円 主催:右岸の羊座シネマテーク

両上映会とも問い合わせは 070-5326-1974 大越まで

青葉の杜の映画祭2015

8/1(土)・2(日) 両日10:30「大曾根家の朝」、 13:00「異母兄弟」

会場:仙台市民会館・視聴覚室(地下1階)

―戦後、日本映画の隆盛期に活躍した岩沼市出身の劇作家・久板栄二郎特集―

プロレタリア演劇の劇作家として活躍するとともに、戦後は映画界にも進出、黒澤明監督の「悪い奴ほどよく眠る」「白痴」、木下恵介監督の「大曾根家の朝」「破戒」などの脚本を担当し、演劇的な手法を実験的に取り入れた作品を残した。今回は1946年キネマ旬報ベストテン1位の軍国主義批判の力作として評価が高い「大曾根家の朝」上映。特別上映として家城巳代治監督作品「異母兄弟」も併映します。

◆映画「大曾根家の朝」1946年/81分/松竹/監督:木下恵介監督、脚本家:久板栄二郎、音楽:浅井挙曄、撮影:楠田浩之、出演:杉村春子、長尾敏之助、徳大寺伸、三浦光子他

「大曾根家の朝」① (C)1946 松竹株式会社.jpg を表示しています

ⓒ1946 松竹

未亡人・房子は3人の息子、長女とその婚約者に囲まれクリスマスの夜を楽しんでいた。大曾根家のそんな団欒風景は見事に打ち砕かれ、次第に廃墟と化して・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆映画「異母兄弟」1957年/110分/独立映画/監督:家城巳代治、脚本:依田義賢・寺田信義、音楽:芥川也寸志、撮影:宮島義勇、出演:三國連太郎、田中絹代、中村賀津雄他

ⓒ独立プロ名画保存会

異常なまでに厳しい軍人はその家に仕えていた大女中を手込めにし、女中は身ごもる。軍人は後妻として迎えるが・・・。軍国主義に歪められた人物の性格を浮き彫りにした原作:田宮虎彦の文芸大作。

入場料:1作品観賞 800円 2作品観賞 1300円

主催:青葉の杜の映画祭 070-5326-1974

*木下恵介監督、久板栄二郎脚本の映画「破戒」は9/19(土)桜井薬局セントラルホールにて上映いたします。詳細は問い合わせください。

 

女優・若尾文子主演「涙」上映会

映画「涙」 6/14(日)13:00~ 1回限りの上映

会場:桜井薬局セントラルホール

仙台市青葉区中央2-5-10 桜井薬局ビル3階 ℡022-263-7868

1956年/松竹/94分/監督:川頭義郎、脚本:楠田芳子、製作:久保光三、撮影:楠田浩之、美術:平高主計、音楽:木下忠司、

出演:若尾文子、明石潮、佐田啓二、石浜朗、田村高廣、東野英治郎、山本和子、中川姿子、岸輝子、夏川静江

楽器工場で女工として働く山崎志津子には、同じ会社の磯部雄二という恋人がいた。しかし志津子の父は前科者で、母はそれが原因で自殺、兄の信也も頼りにならない。そのため雄二の両親に結婚を反対されている。雄二の兄から「弟と付き合うな」と言われた志津子は見合いの話を進め、見合い相手の守の物静かな口調にあたたかさを感じるのであった・・・。
楠田芳子のオリジナル脚本を名匠・木下恵介の愛弟子・川頭義郎が監督。抒情味あふれた演出を随所に見せ、庶民の哀歓をきめ細かく描き出している。脚本の楠田は木下恵介の実妹、音楽担当の木下忠司は実弟である。

当日券:1300円 前売券:1000円

主催:右岸の羊座シネマテーク 070-5326-1974

平成27年度 若林区まちづくり活動助成事業