証言篇『3月11日を生きて〜石巻・門脇小・人びと・ことば〜』

4月28日(土)午後3時から右岸の羊座では、石巻を記録したドキュメンタリー映画 証言篇『3月11日を生きて〜石巻・門脇小・人びと・ことば〜』(2012年、1時間37分、青池憲司監督)の上映会を行います。ぜひご参加を。参加費1000円。

上映後には青池憲司監督の講演と、今回石巻の撮影スタッフの方々も参加しての本編完成目前の激励会を開催します。1年間にわたる撮影を終え、4月末日に石巻を離れる青池組の皆さんを囲んで送別会も兼ねた会にして行こうと思っております。こちらもご参加下さい。

昨日、青池監督から近況メールが届きました。ご紹介します。

(石巻活動報告28)

このところ、撮影の合間をみて、挨拶まわりをしています。
石巻を、いったん、去る日がちかづいたのです。
20日、門脇小学校の朝の会(全校集会)で、こどもたちといっしょに校歌をうたい、
お別れのことばをのべました。
21日、PTA総会で保護者、教職員のみなさんに挨拶。
22日、山楽耕(やまがっこう=昨年6月から10月まで宿舎としてつかわせていただいた大郷町の民家)
に集るみなさんへのお礼と『3月11日を生きて〜石巻・門脇小・人びと・ことば〜』の上映会。
みなさんには、毎日、朝夕のおいしい食事をつくっていただきました。

そして、撮影時にお世話になった取材対象者への挨拶、
私的には、親しくなった住民さんとの一献など多忙です。
通いなれたあの店この店にももういちど行きたい。
といっても、「タイトル未定」(門脇小1年間の記録)の編集作業を東京で3か月ほどして、
8月には上映で石巻へもどってきます。
石巻のみなさんとはしばしのお別れです。

門脇小での撮影は19日ですべて終了し、
いまは、復興まちづくり協議会の活動と北上川の自然を撮っています。
後者は、天気に左右されます。
やはらかに柳あをめる
北上の岸辺目に見ゆ
・・・
といきたいところですが、なかなかお天道さまが味方してくれません。
酒の呑みかた(お天気まつり)が足りないのでしょうか。

青池憲司

 

 

証言篇『3月11日を生きて〜石巻・門脇小・人びと・ことば〜』」への1件のフィードバック

KATZ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です