せんだい映画村 夏期講座

■■■■■ 映画監督 川島雄三の世界 ■■■■■

  

川島雄三 1918年青森県下北郡田名部町(現在のむつ市)生まれ。明治大学卒業、学生時代は映画研究部に在籍。その後松竹大船撮影所監督部に入社。島津保次郎、吉村公三郎、小津安二郎、野村弘将、木下惠介らの助監督を経て1944年『還って来た男』で監督デビュー。コメディ映画を多く撮っていた。戦後はプログラムピクチャーを量産する。1954年日活へ移籍。『洲崎パラダイス赤信号』『幕末太陽傳』などの傑作を残す。筋萎縮性側索硬化症に冒され、1963年アパートの自室にて急死。享年45歳。独自の喜劇・風俗映画を中心的に、卑俗にしてハイセンスな人間味溢れる数々の作品を発表した。

8月23日(火)10:30から 仙台市市民活動サポートセンター・セミナー室

10:30からドキュメンタリー作品 

「映画監督 川島雄三 サヨナラだけが人生だ」

(構成・演出:保坂延彦、ナビゲーター:藤本義一、語り:若尾文子 75分)

他秘蔵映像を観賞します。

11:45からは同作品を演出した保坂延彦監督のトークあり

参加費: ・映画村会員1000円 ・一般 前売1300円 当日 1500円

主催・問い合せ せんだい映画村 070-5326-1974 大越まで

 

夏休みのお知らせ

8月13日(土)、14日(日)、15日(月)の3日間お休みいたします。

16日(火)から通常営業いたします。

また、8月23日(火)サポートセンターでの上映会開催のためお店の営業はお休みとさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ロシア映画を研究する会 キノエクラン8月例会

8/7(日)14:00~ 国際センター 1階研修室で開催致します。

ゴーゴリ原作の短篇小説「ヴィー」を基に映画化させた恐怖映画の傑作

映画「妖婆 死棺の呪い」

1967年、78分、ソ連、総監督:アレクサンドル・プトゥシコ、監督:ゲオルギー・クロパチェフ、コンスタンチン・エルショフ、原作 ニコライ・ゴーゴリ、撮影 フュードル・プロボーロフ、ビクトル・ビシャリニコフ、音楽 カレン・ハチャトリアン、出演 レオニード・クラヴレフ、ナタリーア・ヴァルレイほか

 文豪ゴーゴリの短編『ヴィー』を基に、一人の神学者と若い娘の死体に取り付こうとしている妖怪たちとの戦いを描いた怪奇幻想譚。全編に渡る原始的だが効果的なSFXが観る者のド肝を抜く、ソ連製の娯楽ファンタジー作品。ソ連初の長編映画『石の花』で名高いアレクサンドル・プトゥシコ監督が総監督として参加、その手堅くも手作り感覚溢れる特撮は正に魔法といった様相。

作品観賞後にユーラシア協会県連合会事務局長・移川仁さんの解説あり

参加費 500円(資料代含む)

主催:日本ユーラシア協会宮城県連合会

共催:右岸の羊座 070-5326-1974 / uganhits@gmail.com  大越まで 詳細は問合せ下さい。

ロシア映画を研究する会 キノエクラン6月例会

6/26(日)14:00~ 国際センター 1階研修室で開催致します。

チェーホフ原作の長編小説を映画化 サスペンス・ロマンの傑作

映画「狩場の悲劇」

「映画 狩場の悲劇」の画像検索結果

1978年、100分、撮影:アナトリー・ペトリツキー、美術:ボリス・ブランク、音楽:エウゲニー・ドガ、出演:ガリーナ・ベリャーエワ、オレーグ・ヤンコフスキー、キリール・ラブロフ、レオニード・マルコフ
 荒廃の漂う地方の田園生活を背景に、19歳の美しい娘をめぐって愛と犯罪が交錯するサスペンスロマン。その奥には叙情性豊かな短篇と戯曲で人間心理の微妙さを描いたチェーホフ独自の作風が伺える。

作品観賞後にユーラシア協会県連合会事務局長・移川仁さんの解説あり

参加費 500円(資料代含む)

主催:日本ユーラシア協会宮城県連合会

共催:右岸の羊座 070-5326-1974 / uganhits@gmail.com  大越まで 詳細は問合せ下さい。

ドキュメンタリー作家の原点を追う 上映会

6月7日(火) 仙台市市民活動サポートセンター 

・10:30~ 「留学生チュアスイリン」(土本典昭監督作品、1965年、51分)

 英領マラヤ(現マレーシア連邦)の国費留学生として来日したチュア・スイ・リイン。母国の未来を憂い、抗議行動を起こしたことで国費留学生の身分を取り消されてしまう。除籍処分を下した大学に対し、復学を求める留学生チュアを支援する学生たちの姿を追う。ライプチッヒ映画祭招待作品。

・11:30~ 映画カメラマン・一之瀬正史さん講演 

一之瀬正史 1977年『わが街わが青春・石川さゆり水俣熱唱』(監督:土本典昭)でデビュー。『ナージャの村』にて日本映画撮影監督協会JSC賞受賞。芸術性の高いカメラワークには定評がある。主な作品は『アレクセイと泉』『ナミイと唄えば』『バオバブの記憶』、2015年公開『アラヤシキの住人たち』他。

・12:30~「戦ふ兵隊」(亀井文夫監督作品、1939年、65分)

 戦闘シーンは少なく、戦い疲れた日本の兵隊と残された中国民衆たちの悲惨さを冷静に描写したこの作品は、軍の怒りを買い、公開禁止。さらに亀井は戦争に批判的な映画人として投獄。戦後もGHQの検閲により許可が下りず、長らく幻の映画とされていた。

 

・13:40~映画監督・青池憲司さん講演

青池憲司 1971年成田空港反対闘争の地で行われたコンサート「三里塚幻野祭」を撮影した『日本幻野祭 三里塚』を発表。阪神大震災後の復興する様子を記録した『記憶のための連作 野田北部・鷹取の人びと』にて日本建築学会文化賞受賞。2012年からは石巻・門脇小をテーマにした『津波のあとの時間割』を製作。現在も撮影を続けている。

入場料:前売り1000円 当日1300円 映画村会員800円

桜井薬局セントラルホールで前売券発売しています。

問い合せ 右岸の羊座シネマテーク 070-5326-1974大越

ロシア映画を研究する会 キノエクラン5月例会

5/22(日)14:00~ 国際センター 1階研修室で開催致します。

映画「ジプシーは空にきえる」

1979年、100分、原作は文豪マクシム・ゴーリキーの処女作で、若きゴーリキーが南ロシヤ放浪の日々に見聞した、古くからこの地方をさすらっていたジプシーたちの伝説「ロイコとラッダ」をモチーフに発表した作品「マカール・チュドラー」。若きゴーリキーの片鱗をうかがわせる自由を謳うロマンチシズムに貫かれた作品である。

原作:マクシム・ゴーリキー、脚本・監督:エミーリ・ロチャヌー、撮影:セルゲイ・ウロンスキー、音楽:エヴゲ二ー・ドガ、出演:スヴェトラナ・トマ、グリゴーリー・グリゴリウ、セルゲイ・フィニチ、ボリスラフ・ヴロンドゥコフ

作品観賞後にユーラシア協会県連合会事務局長・移川仁さんの解説あり

参加費 500円(資料代含む)

主催:日本ユーラシア協会宮城県連合会

共催:右岸の羊座 070-5326-1974 / uganhits@gmail.com  大越まで 詳細は問合せ下さい。

せんだい映画村 懇親会

昨年4月にスタートした、戦前・戦後の日本映画の名作観賞グループ「せんだい映画村」が1周年を迎えました。現在会員はちょうど60名(5月10日現在)。これまでサポートセンターや毎月第四金曜日のシニアネット仙台を会場に観賞会を開催してきました。今回は会員の方々の要望で、一度顔合わせの会を行うことにいたします。 下記の日程で懇親会を開催しますので、会員の有無にかかわらず気軽にご参加下さい。

5月13日(金)10時 もしくは 21日(土)10時 両日とも会場はサポートセンター 両日参加も可能です。

料金 一般 500円 映画村会員 300円

*せんだい映画村会員 随時募集中です。映画の創り手を囲みながら、茶話会や映画講座、映画塾を開講しております。入会金:1000円(毎月通信をお送りします)

問い合せ:070-5324-1939 映画村事務局まで  

ロシア映画を研究する会 キノエクラン1月例会

1/24(日)14:00~ 仙台国際センター・1階研修室で開催します。

セルゲイ・ポドロフ監督作品「モスクワ天使のいない夜」上映会

参加費500円 (資料代含みます)

監督・脚本:セルゲイ・ボドロフ 撮影:アレクセイ・ロジオーノフ、セルゲイ・タラスキン、フョードル・アラヌィシェフ、ウラジーミル・イリイン、編集:オルガ・グリンスプン、音楽:モンゴル・シューダン
出演:アレクセイ・バラノフ、ナターリャ・ギンコほか

青年ボブは、かつては、栄光を全身に受けて戦い、レスリングのチャンピオンにさえなったこともあったが、試合中の事故で選手生命を絶たれた。今は、マフィアのボディガードである。
映画の「イージー・ライダー」に憧れる彼は、巨大なバイクを駆って、地方都市サラトフから1000キロの道程をモスクワへとやって来た。盗まれたボスの金を取り返すため・・・。

主催:日本ユーラシア協会宮城県連合会 共催:右岸の羊座 070-5326-1974