脚本家 水木洋子の世界

せんだい映画村特別上映会のお知らせ            

昨年開催した「脚本家 橋本忍の全体像」の上映に続く脚本家シリーズ第二弾 、文芸作品の脚色で数々の傑作を生み出した水木洋子。 今回は「第一章・今井正との出会い」と題し、主に独立プロで活躍した今井正監督作品の脚本に焦点を当てた3日間です。 オープニング作品には今井正・水木洋子の代表作「ひめゆりの塔」35ミリフィルム上映と、出演された女優・香川京子さんもトークイベントで登場します。2日目には、脚本家・荒井晴彦さんと朝日新聞社編集委員・石飛さんの対談も開催。お見逃しなく。

2019年11月26日(火)/27日(水)/29日(金)28日は休館日

せんだいメディアテーク7階スタジオシアター

11月26日(火)オープニンイベント 

10:00 映画「ひめゆりの塔」35ミリ上映

(1953年/130分/東映/監督:今井正 脚本:水木洋子 

出演:津島恵子 香川京子 岡田英次)

12:30 女優・香川京子さんトークイベント

インタビュアー:石飛徳樹さん(朝日新聞社編集委員)

③14:15 映画「近松物語」上映

(1954年/102分/大映/監督:溝口健二 脚本:依田義賢

 出演:長谷川一夫 香川京子)

香川京子プロフィール:東京都出身。新東宝に入社後、1950年島耕二監督「窓から飛び出せ」でデビュー。成瀬巳喜男、今井正、小津安二郎、溝口健二、熊井啓監督など多くの名匠の作品に出演。著書に「ひめゆりたちの祈り」(朝日新聞社刊)「凛たる人生 映画女優 香川京子」(ワイズ出版/共著:立花珠樹)他。2011年には映画遺産の保存活動の国際的な連盟・FIAF賞を受賞。撮影中の写真や資料などを現・国立映画アーカイブに寄贈している。

●①~③オープニンイベントは180席 料金:1,800円   

予約・問い合わせ 070-5323-1939 せんだい映画村

uganhits@gmail.com (メール予約受付できます)

④26日(火)16:10 映画「キクとイサム」上映

(1959年/117分/大東映画/監督:今井正 脚本:水木洋子 

出演:高橋恵美子 奥の山ジョージ 北林谷栄)  

 *④『キクとイサム」以降、1作品800円/会員600円/会員限定6作品鑑賞券3,000円でご覧いただけます。

11月27日(水)

①10:00 映画「おとうと」上映

(1960年/98分/大映/監督:市川崑 脚本:水木洋子

 出演:岸恵子 川口浩 田中絹代 森雅之)

11:40 対談:荒井晴彦さん (一般社団法人シナリオ作家協会会長)
石飛徳樹さん(朝日新聞社編集員)                    

*こちらの対談はチケット提示でご入場頂けます。

③13:00 映画「もず」上映

(1961年/94分/松竹/監督:渋谷実 脚本:水木洋子 

出演:淡島千景 有馬稲子 乙羽信子 山田五十鈴)

④14:40 映画「にごりえ」上映

(1953年/130分/文学座・新世紀映画/監督:今井正 脚本:水木洋子 

出演:【第一話・十三夜】田村秋子 丹阿弥谷津子 芥川也寸志 

【第二話・大つごもり】久我美子 長岡輝子 仲谷昇 

【第三話・にごりえ】淡島千景 杉村春子 山村聡 宮口精二)

11月29日(金)

①10:00 映画「にっぽんのお婆ぁちゃん」上映

(1962年/95分/松竹/監督:今井正 脚本:水木洋子 

出演:北林谷栄 ミヤコ蝶々 飯田蝶子 浦辺粂子 原泉 村瀬幸子)

②12:10 映画「ここに泉あり」上映

(1955年/150分/中央映画/監督:今井正 脚本:水木洋子 

出演:岸恵子 岡田英次 小林桂樹 三井弘次)

③15:00 映画「おとうと」上映(98分)

◆司会・作品解説:佐藤文博さん(仙台市若林図書館副館長)

●入場料金:オープニンイベントは1,800円/その他の上映は1作品800円、映画村会員600円、会員限定6作品鑑賞券3,000円 

*チケットは「せんだいメディアテーク1階 カネイリミュージアムショップ」で販売しています。

●主催:せんだい映画村 070-5323-1939

●共催:右岸の羊座シネマテーク

●助成:日本芸術文化振興基金

また来春には水木洋子・第二章「成瀬巳喜男と組む」として引き続き上映を行う予定です。お楽しみに。

朗読劇 線量計が鳴る上演

本日11日(金)は、「朗読劇 線量計が鳴る」仙台アンコール上演のため、終日会場となる連坊・法運寺におります。右岸の羊座の営業はお休みとさせていただきます。

昨年11月の「朗読劇 線量計が鳴る」仙台公演が好評につき、急遽アンコール上演を決定させました。右岸の羊座、せんだい映画村も実行委員会に参加、11月に引き続き準備にあたっておりました。その公演も本日が本番を迎えます。おかげ様で今回も前売り券は完売となりました。ありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。 右岸の羊座

上映会 脚本家 橋本忍の全体像

昨年10月から準備を進めておりました、脚本家 橋本忍特集上映がついに実現する運びとなりました。今月25日~27日の3日間、東京エレクトロンホール宮城とせんだいメディアテークを会場に、主要7作品上映と各日ゲストを迎えトークイベントも開催いたします。橋本忍さんは本年4月18日に100歳の誕生日を迎えられましたが、その後7月19日肺炎のため永眠いたしました。当初、生誕100年祭として考えておりました企画も、追悼特集として改に内容の充実に努めました。ぜひこの機会をお見逃しのないよう、ご来場頂ければ幸いです。 

                             せんだい映画村

プログラム

【1日目】 10月25日(木)会場:東京エレクトロンホール宮城401中会議室

・11:00~13:25 「砂の器」

1974年、143分、松竹、監督:野村芳太郎、製作・脚本:橋本忍、脚本:
山田洋次、音楽:芥川也寸志、撮影:川又昴、出演:加藤剛、緒形拳、
丹波哲郎、加藤嘉

・14:00~15:00   1日目 ゲストスピーカー:佐藤文博さん

1975年宮城県生まれ。小学生のころから映画に親しむ。図書館情報大学(現・筑波大学)卒業後、市立大学で情報科学の講師を務めつつミニシアター通いの日々を過ごす。東京国立近代フィルムセンター、映画会社、公共図書館、学校図書館を経て、現在は仙台市若林図書館(指定管理者株式会社ヴィアックス)勤務。興味関心のある分野は初期の映画史と映画館史。

・15:10~18:00 「八甲田山」

1977年、169分、東宝、監督:森谷司郎、製作・脚本:橋本忍、音楽:芥川也寸志、撮影:木村大作、原作:新田次郎、出演:島田正吾、大滝秀治、高倉健

・18:10~19:30 橋本忍秘蔵映像

【2日目】10月26日(金)会場:せんだいメディアテーク7Fスタジオシアター

・11:00~13:15 「切腹」

1962年、133分、松竹、監督:小林正樹、原作:滝口康彦、脚本:橋本忍、
音楽:武満徹、撮影:宮島義勇、出演:仲代達矢、石濱朗、丹波哲郎

・14:00~15:30   2日目 ゲストスピーカー:荒井晴彦さん

1947年東京生まれ。1971年より若松プロで助監督・脚本を担当。その後ピンク映画を経て、77年日活ロマンポルノ「新宿乱れ街 いくまで待って」で注目を浴びる。以後「Wの悲劇」を始め執筆多数。毎日映画脚本賞、日本シナリオ作家協会菊島隆三賞、2016年には読売文学賞戯曲・シナリオ賞も受賞する。89年から季刊誌「映画芸術」の編集・発行人も務める。

・15:40~18:10 「八つ墓村」

1977年、151分、松竹、監督:野村芳太郎、脚本:橋本忍、音楽:芥川也寸志
撮影:川又昴、出演:萩原健一、小川真由美、山崎努、渥美清

・18:20~20:30 「真昼の暗黒」

1956年、124分、現代ぷろ、監督:今井正、脚本:橋本忍、音楽:伊福部昭
撮影:中尾駿一郎、出演:草薙幸二郎、左幸子、松山照夫

【3日目】10月27日(土)会場:せんだいメディアテーク7Fスタジオシアター

・11:00~12:31 「私は貝になりたい」

1958年、91分、TBS、監督:岡本愛彦、脚本:橋本忍
出演:フランキー堺、桜むつ子、平山清、高田敏江、坂本武

・13:00~14:30   3日目 ゲストスピーカー:石飛徳樹さん

1960年大阪生まれ。84年朝日新聞社入社。95年から学芸部(現在、文化くらし報道部)所属、現・編集委員。
テレビ、書評、映画などの分野を担当。橋本忍氏とは取材を通し深い交流を持つ。

・14:40~16:40 「わが映画人生 黒澤明編」

日本映画監督協会の貴重な記録映像「わが映画人生」シリーズ中から、
今回は黒澤明監督編を取り上げます。インタビュアーは大島渚監督。関係者ならではの深遠な問答が展開されます。

・16:50~18:20 「羅生門」(橋本忍デビュー作品)

1950年、88分、大映、監督・脚本:黒澤明、脚本:橋本忍、音楽:早坂文雄
撮影:宮川一夫、出演:三船敏郎、森雅之、京マチ子、志村喬

入場料:当日券 1作品につき 1,000円

    前売券 1日フリーパス券 1,800円 3日フリーパス券 4,000円

途中入退場自由にいたします。再入場の際には入場券を提示下さい。

主催・問合せ:せんだい映画村 070-5323-1939

共催:右岸の羊座シネマテーク 070-5326-1974

後援:河北新報社、朝日新聞社東北総局、毎日新聞社仙台支店

協賛:(株)ジェーシード、カフェ・キートス、宮千代加藤内科医院

助成:(公財)仙台市市民文化事業団、日本芸術文化振興基金助成事業

お盆休み

8月12日(日)、13日(月)、14日(火)の3日間お休みを頂きます。

15日(水)から通常営業です。尚、毎週木曜日定休ですが16日(木)は営業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

謹賀新年

本年も「右岸の羊座」「せんだい映画村」をどうぞよろしくお願いいたします。

今年最初の上映会は、デビュー作祭Part2のオープニングイベントとして、映画監督・伊藤俊也さんをお迎えして2日間の上映会を開催します。ぜひご参加下さい。

作品上映とトークイベントの2日間 「映画監督 伊藤俊也って何だ!」

「伊藤俊也」の画像検索結果

 

伊藤俊也:1937年福井県生まれ。1960年東京大学文学部美学科卒業後、東映に入社助監督となる。1972年「女囚701号 さそり」で監督デビュー。虚構の更なる虚構を求めるアヴァンギャルドな映像表現と反権力思想、それが主演・梶芽衣子の個性を最大限に魅力あるものにし大ヒットとなる。同年度の日本映画監督協会新人奨励賞受賞。1991年東映退社後フリーに。2003年紫綬褒章受章。

◆1日目◆

1月26日(金) 会場:東京エレクトロンホール宮城4階会議室

http://miyagi-hall.jp/ 

10:00 映画「風の又三郎 ガラスのマント」上映

「伊藤俊也」の画像検索結果

(監督・脚本:伊藤俊也、脚本:筒井ともみ、音楽:冨田勲 1989年 107分)

12:00 伊藤俊也監督トーク

12:45~ 30分休憩

13:15 映画「映画監督って何だ!」上映 日本映画監督協会創立70周年記念作品

関連画像

(監督・脚本:伊藤俊也、出演:小泉今日子、佐野史郎、原田芳雄 2006年 88分)

15:00 日本映画監督協会インタビュー集「わが映画人生・伊藤俊也監督篇」

聞き手:崔洋一監督

入場料:前売券・電話予約1,000円 当日券1,300円 映画村会員800円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆2日目◆

1月27日(土)会場:たらこcafe(仙台市若林区新寺3-2-32 022-256-3078)

http://www.siip.city.sendai.jp/o/03/06_1/01.html

10:00 映画「始まりも終わりもない」

「伊藤俊也」の画像検索結果

(監督:伊藤俊也、出演:田中泯 2015年 95分)

劇映画でありながら、全編ほとんどセリフによらず舞踊家 田中泯の「舞」でつづられる。「人間の存在論」に迫るべく、田中泯の身体表現だけで哲学的、詩的に表現し映画の原点を目指す。

映画終了後11:40~ 伊藤俊也監督のトーク

入場料:1,000円(たらこのおにぎり付)

主催・問い合せ:せんだい映画村 070-5326-1974