亀井文夫 全作品上映会その3

連続企画「亀井文夫全作品上映会3」開催のお知らせです。

4月13日(日)午前11時と午後2時の2回、2本立てでご覧いただきます。皆さまお誘いあわせのうえご参加ください。

会場:荒町養賢堂(仙台市若林区荒町130)

http://www.889100-search.com/detail/?id=9780&p=4&pref_id%5B%5D=4 (養賢堂の場所はこちら)

■生きていてよかった(1956年・52分)

1955年8月6日、第一回原水爆禁止大会で被爆者救援運動の一つとして企画されたこの映画は、亀井文夫が原水爆反対のために撮った最初の作品である。広島・長崎の原爆投下直後の無残な街から、被災者たちの10年後の悲しい日々の生活を紹介し、悲しみと不幸の中から力強く生きる人びとを詩情豊かに描いた、厳粛な美しさに感動せまる記録映画である。この映画はこの年のブルーリボン賞を獲得。原爆被害の実態を初めて日本人の目に公開した映像である。ブルーリボン賞、キネマ旬報ベストテン入賞作。

■鳩ははばたく(1958年・40分)

第四回原水爆禁止世界大会の記録であるが、この年は第一回の平和行進の始まった年でもある。初めは団長一人が広島を出発した行進であったが、各地で参加者は増え、僧侶、学生、主婦ら延べ100万人に達した。行進は53日目、2000人の拍手に迎えられ東京日比谷公園の歓迎会に臨んだ。8月20日原水爆禁止国際会議で核武装禁止の平和宣言が採択された。

参加費1000円

後援:(公財)仙台市市民文化事業団

主催・問い合せ 右岸の羊座 070-5326-1974まで

『忘れられた皇軍』放送

2014年1月12日(日)24:50~ 反骨のドキュメンタリスト大島渚『忘れられた皇軍』という衝撃(55分枠)が放送されます。お見逃しなく。

http://www.ntv.co.jp/document/ (詳しくはこちら)

当時の制作スタッフや妻・小山明子の証言からひもとき、テレビと映画2つのフィールドで活躍する是枝裕和監督や同時代を生きたジャーナリスト田原総一朗と共に考える。

フェジョン収穫祭!

明日28日正午の開店から、今年の締めくくりとしてブラジル料理「フェイジョアーダ」を食べる会を開催します。

ブラジルカフェ仙台さんとともに、今年は初めての試みで畑作りに挑戦。岩沼・ジェーシードさんの畑を借りて、ブラジル豆「フェジョン」の種まきから収穫までを行いました。収穫量は約2キロ程度ではありましたが、日本の土壌でもブラジルの豆が育っていく過程は感動的でした。

今回は収穫した豆(放射性セシウム測定済み、4.88ベクレルでした。)に市販の豆を足して提供いたします。

700円(コーヒー付)

ぜひ召し上がりにきて下さい。

右岸の羊座、年末年始のお休みは12月31日~年明け1月3日まで。

見逃した方は再放送を・・

先週土曜日(3日)のETV特集「人を動かす絵 田中民 画家フランシス・ベーコンを踊る」必見!

ベーコンを「偉大なるインスピレーション の源」と呼ぶ、ダンサー田中泯さん(68)は、師と仰ぐ舞踏家・土方巽を通して「ベーコンを踊る」ことを強く意識した。 今回初めてベーコンの絵の実物と向き合い、新作ダンスを踊る。

http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2013/0803.html (ETV特集)

写真